夏の必須項の魔法のスープは暑気を払って解毒する健胃

夏の天気は暑くて、私たちは毎日大量の水分を補給する必要がある、あの夏の養生はあれらのスープを飲むのが比較的に適当ですか?今小編紹介をいくつかの夏にピッタリのスープ.1、解熱解毒、渇きをして緑豆スープの夏、リョクトウのスープを押します.緑豆のスープのとても解熱解毒、渇きをいやして暑気を払って、中国の伝統的な夏暑気を払う飲み物.また、リョクトウは少量の氷砂糖に入って、さらにおいしく飲みます.に、胃をかう唾液を分泌して、降胃火冬瓜スープ冬瓜性は冷たくて、清降胃火、胃をかう唾液を分泌して、食べる量を減らす人に求め、体内の澱汾、砂糖に転化して熱のではなく、脂肪になって.また、冬瓜に抗老化の作用があり、長い間には皮膚の白い玉を保持することができて、つやが滑らかで、形体.最も重要なのは、冬瓜も良好な熱を下げて暑気を払う効果.夏を食う冬瓜だけでなく、喉の渇き暑気を払って、利尿作用があって、人を免れ生疔疮.さん、肺を潤すこと、顔をケアする白きくらげ百合湯白木耳百合スープは滋陰、肺を潤すことで、顔をケアして、暖かい胃の効果で、長期にわたり飲む白木耳百合湯を達成することができて、肺、脾臓、腎臓調理3汚い作用.よんしよ、熱を下げて暑気を払って、ダイエット冬瓜昆布スープと言う人がいて、冬瓜昆布スープ、集のダイエットのダブル効果を一身に.昆布が増カルシウム降ナトリウム、利にコレステロールの排泄、冬瓜を下げて暑気を払うが、両者を組み合わせて作成にあっさりした冬瓜昆布スープだけでなく、栄養、そして暑気を払う.ご、熱を下げて潤は乾いていて、唾液の分泌を促進して解毒、コレステロールの魚頭豆腐スープを下げて豆腐のタンパク質やカルシウムの含有量が豊富で、熱を下げて潤は乾いていて、唾液の分泌を促進して解毒作用を下げて、コレステロール、魚頭豆腐は補っても弱いし、暖かい胃の効果、おすすめし魚頭豆腐スープの時は、できるだけするのは少し薄いいくらかの新鮮で柔らかい豆腐、魚の味が融合して、新鮮.ろく、鎮咳去痰、除いて唾液の分泌を促進して乾燥している大根スープ大根スープは冬の健康食品の選択が、夏の飲み大根スープもいい、諺によると、たくさん食べて大根が少ない薬.大根の強い行ガス機能も咳去痰、乾燥する以外、清涼解毒、利大小便などの作用.ななしち、暑気払い利腸、風化痰ヘチマスープへちま性味の甘さに寒くて、暑気を払う利腸、風化痰、凉血解毒、通経すばしこくて、いい気化瘀などの作用で、治療の大きさが血を持って、また、ヘチマも消そばかす、美白、しわを取り除くのかけがえのない天然美容剤.長期の食用やヘチマ液で顔を拭う、さらに人に肌が滑らかに、繊細であり、皺消炎、予防、除去にきびと黒色素瀋着の特殊効果.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です